啓林堂書店 官報

官報について

啓林堂書店(新大宮店)では、「官報」の閲覧、検索、販売を行っております。
また、官報公告の掲載お申し込みも受付中です。

官報の役割(官報とは)

官報の重要な使命である「法令の公布」については、憲法改正、詔書(国会の召集、衆議院の解散、総選挙など)、法律、政令、条約、最高裁判所規則、府令や省令、規則、告示が掲載されています。 また、わが国では、憲法、法律、条約、政令、省令などは、官報に掲載されて初めて「公布」されたことになり、法的な効力が発生することになっています。このため官報は法令公布の機関紙として大切な役割をもっています。

官報の歴史(創刊)

官報は明治15年、時の参議・山縣有朋により提出された建議に基づき、明治16年(1883)に発行されるようになったものです(独立行政法人 国立印刷局 発行パンフレットより)。法令の公布紙、国の広報紙、国民の公告紙として、独立行政法人国立印刷局から行政機関の休日を除き毎日発行され、全国で購読されています。

官報の内容

法律・政令・条約
「法令のあらまし欄」を設けてわかりやすく解説
府令・省令
内閣府令・各省の省令、各省の共同省令等
規 則
会計検査院・人事院及び各委員会等の規則
告 示
厚生労働省告示「薬価基準の改正」等
国会事項
議事日程及び議案関係事項等
人事異動
各省庁の人事異動等
叙位・叙勲・褒章
叙位、叙勲及び褒章等
官庁報告
国家試験の合格者発表及び公聴会等
資 料
閣議決定、各省庁の各種報告及び資料等
公 告
各省庁(入札・落札等)、裁判所(公示催告・除権判決・破産・免責・会社更生・再生等)、 特殊法人等(入札・ディスクロージャー等)、地方公共団体(地方債償還・行旅死亡人等)及び 会社の行う法定公告等

定期購読

現在、官報の購読は下記の5種類の方法があります。購読料金は月極め消費税込みです。

冊子版官報
3,641円
冊子版官報 + ネット版官報(日付のみ)
3,641円
冊子版官報 + ネット版官報
(日付検索、記事検索)
4,159円
ネット版官報(日付検索のみ)
1,641円
ネット版官報(日付検索、記事検索)
2,160円

官報公告

会社の行う法定公告は、合併公告・資本金の額の減少公告・準備金の額の減少公告・解散公告などのように、法令で官報掲載と定められているものと、決算公告・株券提出公告・基準日設定公告などのように、官報、日刊新聞紙(時事に関する事項を掲載するもの)又は電子公告のいずれかに掲載するものがあります。そのいずれに掲載するかは、会社の定款によって定めることになっています。

※株式会社が合併・資本減少・準備金減少・会社分割をする場合には、事前に決算公告を公開することが条件となっています

●会社の法定公告については、信頼性も高く、低廉な
 掲載料金を採用している官報をぜひご利用ください。

国立印刷局ホームページインターネット版『官報』で、
 会社法定公告等の記事を閲覧することができます。


官報の詳細についてはこちら


ページTOPに戻る