啓林堂書店 新刊・話題本

新刊・話題本

啓林堂書店新刊・話題本小  説 [ 登録件数:44 ]
22年目の告白 私が殺人犯です

■出版年月/2017年4月
■ジャンル/日本文学、小説、文庫
■著者/浜口倫太郎
■出版社/講談社
■税込価格/713円
■サイズ/333P 15cm

編集者・川北未南子の前に突如現れた美青年・曾根崎雅人。彼から預かった原稿は、時効となった連続殺人事件の犯行を告白したものだった。その残忍な犯行記録『私が殺人犯です』はたちまちベストセラーとなり、曾根崎は熱狂を煽るかのように世間を挑発し続ける。社会の禁忌に挑む小説版『22年目の告白』。

夜行

■出版年月/2016年10月
■ジャンル/日本文学、小説
■著者/森見登美彦
■出版社/小学館
■税込価格/1,512円
■サイズ/253P 20cm

僕らは誰も彼女のことを忘れられなかった。
私たち六人は、京都で学生時代を過ごした仲間だった。十年前、鞍馬の火祭りを訪れた私たちの前から、長谷川さんは突然姿を消した。十年ぶりに鞍馬に集まったのは、おそらく皆、もう一度彼女に会いたかったからだ。夜が更けるなか、それぞれが旅先で出会った不思議な体験を語り出す。私たちは全員、岸田道生という画家が描いた「夜行」という絵と出会っていた。
旅の夜の怪談に、青春小説、ファンタジーの要素を織り込んだ最高傑作!
「夜はどこにでも通じているの。世界はつねに夜なのよ」

先生と迷い猫

■ジャンル/日本文学、小説
■著者/(脚本)小林弘利、(ノベライズ)村上桃子
■出版社/宝島社
■税込価格/702円
■サイズ/283P 16cm

現在公開中の映画『先生と迷い猫』(監督・深川栄洋/主演・イッセー尾形)のノベライズ作品! 定年退職した校長先生・森衣恭一は、妻に先立たれてひとり暮らし。そのカタブツさと偏屈さから近所の人々には一歩引かれている。訪ねてくるのは、妻が可愛がっていた野良猫のミイぐらい。猫が好きではない森衣は追い払おうとするが、ミイは毎日やって来て、妻の仏壇の前に座っているのだった。そんなある日、突然ミイが来なくなった。さらに町では野良猫の殺害事件が相次ぎ、森衣は気になって探し始める。すると、他にもミイを探している人たちがいることを知る。彼らとの交流を通し、森衣の心に変化がおとずれ――。森衣は、なぜミイを追い払っていたのか。ミイは、どこに行ったのか。心に沁みる、感動作。

あん

■出版年月/2015年4月
■ジャンル/日本文学、文庫
■著者/ドリアン助川
■出版社/ポプラ社
■税込価格/648円
■サイズ/259P 16cm

町の小さなどら焼き店に働き口を求めてやってきたのは、徳江という名の高齢の女性だった。徳江のつくる「あん」は評判になり、店は繁盛するのだが…。壮絶な人生を経てきた徳江が、未来ある者たちに伝えようとした「生きる意味」とはなにか。深い余韻が残る、現代の名作。
5月30日(土)いよいよ映画公開です!

日本文学全集 14

■出版年月/2015年4月
■ジャンル/日本文学
■著者/(個人編集)池澤夏樹
■出版社/河出書房新社
■税込価格/3,132円
■サイズ/539P 20cm

柳田「海上の道」、折口「死者の書」、宮本「生活の記録」他、卓越した想像力で日本像を再構築した巨人達の文業から、29篇を精選。

水平線のぼくら 天使のジャンパー

■出版年月/2014年6月
■ジャンル/日本文学、小説
■著者/仁木英之
■出版社/角川春樹事務所
■税込価格/1,620円
■サイズ/263P 19cm

鹿児島と沖縄に挟まれて、観光でも経済衰退気味である南国の島・奄美(あまみ)大島。高校生の隆文(たかふみ)は、奄美でも南部の田舎町である古仁屋(こにや)に春休みの間、帰省していたが、ある日、離島である加計呂麻島(かけろまじま)の岬から海へとジャンプして飛び込む少女を目撃する。奄美の妖かしかと思われたその少女は、隆文の高校へやってきた転入生だった。高橋麻巳と名乗る少女は、水泳部のエースで隆文の幼馴染である英見と自由形で勝負して勝ち、ノルディック・スキー部の創設を宣言する。南国の島でスキージャンプ競技を目指そうとする少女に、隆文のみならず、狭い島内の大人たちも巻き込まれていく。果たしてスキージャンプ台は作られるのか、そして麻巳の正体とは? 書き下ろし最新作!
<著者紹介>
仁木 英之 (ニキ ヒデユキ)
   1973(昭和48)年、大阪生れ。奈良在住。信州大学人文学部に入学後、北京に留学。2年間を海外で過ごす。2006(平成18)年『夕陽の梨―五代英雄伝』で「歴史群像大賞」最優秀賞を、また同年『僕僕先生』で「日本ファンタジーノベル大賞」大賞を受賞しデビュー。

もういっぺん。

■出版年月/2014年2月
■ジャンル/日本文学、小説
■著者/浜口倫太郎
■出版社/ポプラ社
■税込価格/734円
■サイズ/367P 16cm

なかなかブレイクできずに焦るピン芸人の雄貴の元に、ある日小学生の異父妹・楓がやってきた。優等生の楓は、学校になじめずにいる。二人の共同生活は、お互いに影響を与え始め―人々が「もう一度がんばってみる」姿をすがすがしく描く、胸のすく快作。

<著者紹介>
浜口 倫太郎 (ハマグチ リンタロウ)   1979年奈良県生まれ。奈良在住。放送作家として、関西発の番組に数多く携わる。2010年、第5回ポプラ社小説大賞特別賞を受賞した『アゲイン』(本作。文庫化にあたり『もういっぺん。』に改題)でデビュー。

まほろばの王たち

■出版年月/2014年3月
■ジャンル/日本文学、小説
■著者/仁木英之
■出版社/講談社
■税込価格/1,512円
■サイズ/267P 19cm

もし、誰も知らない舞台でしか描けない、とてつもなく魅力的な物語があったとしたら。未来を切り拓くファンタジー感動長編。「僕僕先生」で知られる著者の最新作登場!

<著者紹介>
仁木 英之 (ニキ ヒデユキ)   1973(昭和48)年、大阪生れ。奈良在住。信州大学人文学部に入学後、北京に留学。2年間を海外で過ごす。2006(平成18)年『夕陽の梨―五代英雄伝』で「歴史群像大賞」最優秀賞を、また同年『僕僕先生』で「日本ファンタジーノベル大賞」大賞を受賞しデビュー。

美都で恋めぐり

■出版年月/2013年4月
■ジャンル/小説・恋愛
■著者/北夏輝
■出版社/講談社
■税込価格/1,470円
■サイズ/253P 19cm

彼氏と同じ大学を目指しながらも、受験に失敗し、従叔父のいる大阪の大学に入ることになった友恵。
挨拶へ赴くと、従叔父は「黒衣」と呼ばれ、大学教授の「殿下」、女装の大学生「サカイ」と、たこ焼きパーティをしていた。
その3人らと大阪ミナミ、京都・東寺の弘法市などを巡った友恵は、美男子で頭脳明晰だが、やけに無愛想なサカイのことが気になっていく…。

夢幻花(むげんばな)

■出版年月/2013年4月18日
■ジャンル/小説、ミステリー
■著者/東野圭吾
■出版社/PHP研究所
■税込価格/1,680円

「黄色いアサガオだけは追いかけるな」-謎のメッセージが意味するものとは。
退職し、花を愛でながら悠々自適な生活を送っていた老人が殺された。張り巡らされた伏線、驚愕の真相。東野圭吾がたどり着いた新境地。

色彩を持たない 多崎つくると、 彼の巡礼の年

■出版年月/2013年4月12日
■ジャンル/小説、日本文学
■著者/村上春樹
■出版社/文藝春秋
■税込価格/1,785円

『1Q84』がいわばジェットコースター的な物語だったので、それとは少し違うものを書いてみたいという気持ちがありました。それがどんなものなのか、書いてみないとわからなかったけど--村上春樹
三年ぶりの書き下ろし長篇小説、まもなく登場。

謎解きはディナーのあとで 3

■出版年月/2012年12月12日
■ジャンル/小説、ミステリー
■著者/東川篤哉
■出版社/小学館
■税込価格/1,575円

シリーズ累計340万部突破の人気ミステリついに登場!
「きらら」に連載された5編に書き下ろし1編を加えた全6作を収録。

けさくしゃ

■出版年月/2012年11月
■ジャンル/小説、ミステリー
■著者/畠中恵
■出版社/新潮社
■税込価格/1,575円

江戸のベストセラー作家柳亭種彦、その正体はイケメン旗本だった。戯作仕立てで謎を解く、「しゃばけ」著者の新感覚時代ミステリー!

無花果とムーン

■発売日/2012年10月23日
■ジャンル/小説、日本文学
■著者/桜庭一樹
■出版社/角川書店
■税込価格/1,680円

あたし、月夜は18歳。紫の瞳を持った、無花果村のもらわれっ子。誰よりも大好きだったお兄ちゃんに死なれてから、あたしはどうもおかしくて…
少女の思いが世界を塗り替える。そのとき村に起こった奇跡とは!?
『GOSICK』『伏』の著者がおくる、ひと夏の少女物語、まもなく登場!

ソロモンの偽証 第2部 決意

■出版年月/2012年9月
■ジャンル/日本文学、小説、ミステリー
■著者/宮部みゆき
■出版社/新潮社
■税込価格/1,890円
■サイズ/715P 20cm

期間はわずか15日。有志を集め証人を探せ! 14歳の夏をかけた決戦、カウントダウン!もう大人たちに任せておけない――。保身に身を窶す教師たちに見切りをつけ、一人の女子生徒が立ち上がった。校舎を覆う悪意の雲を拭い去り、隠された真実を暴くため、学校内裁判を開廷しよう! 教師による圧力に屈せず走り出す数名の有志たち。そして他校から名乗りを上げた弁護人の降臨。その手捌きに一同は戦慄した……。
待望の第2部ついに登場!クライマックスに向け、物語は大きく動き出す!!

光圀伝

■出版年月/2012年8月
■ジャンル/日本文学、歴史時代小説
■著者/冲方丁
■出版社/角川書店
■税込価格/1,995円
■サイズ/751P 20cm

何故この世に歴史が必要なのか。
生涯を賭した「大日本史」の編纂という大事業。大切な者の命を奪ってまでも突き進まねばならなかった、孤高の虎・水戸光圀の生き様に迫る。
『天地明察』にも登場した水戸光圀。『天地明察』で渋川晴海と水戸光圀が対面を果たしたあのシーンも登場する注目作!

ふがいない僕は空を見た

■出版年月/2012年10月
■発売日/2012年9月28日
■ジャンル/文庫、小説
■著者/窪美澄
■出版社/新潮社
■税込価格/546円

秘密のセックスに耽る主婦と高校生。暴かれた二人の関係は周囲の人々を揺さぶり――。
それぞれが抱える生きることの痛みと喜びを鮮やかに写し取った連作長編、ついに文庫化。R-18文学賞大賞・山本周五郎賞W受賞作。映画は11月公開予定!

魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?

■出版年月/2012年9月28日
■ジャンル/小説、ミステリー
■著者/東川篤哉
■出版社/文藝春秋
■税込価格/1,365円

『謎解きはディナーのあとで』が本屋大賞を受賞した東川篤哉の新シリーズついに登場!今度は本格ミステリーと魔法の融合!?
39歳独身の美人刑事《八王子市警の椿姫》こと椿木綾乃警部と、椿木警部に罵られることを至上の喜びとするその部下、小山田聡介。 八王子市警の名コンビが勇んで出向く事件現場には、いつもなぜか、竹箒を持った謎の三つ編み美少女がいて―。
本格ミステリーのトリックと、抱腹絶倒の掛け合いが最高の化学反応を起こすユーモアミステリー。 毒舌美少女マリィ、結婚願望を捨てきれない椿木警部と、どMな部下小山田刑事と、三者三様の強烈なキャラクターにも注目。 「魔法使いと逆さまの部屋」「魔法使いと失くしたボタン」「魔法使いと二つの署名」「魔法使いと代打男のアリバイ」の中編4作を収録予定。

聖女の救済

■出版年月/2012年4月
■ジャンル/日本文学、小説
■著者/東野圭吾
■出版社/文藝春秋
■税込価格/710円
■サイズ/424P 16cm

湯川が推理した真相は―虚数解。
資産家の男が自宅で毒殺された。毒物混入方法は不明、男から一方的に離婚を切り出されていた妻には鉄壁のアリバイがあった。難航する捜査のさなか、草薙刑事が美貌の妻に魅かれていることを察した内海刑事は、独断でガリレオこと湯川学に協力を依頼するが…。
驚愕のトリックで世界を揺るがせた、東野ミステリー屈指の傑作!
ガリレオシリーズ長編第二弾、待望の文庫化です!

三匹のおっさん ふたたび

■出版年月/2012年3月
■ジャンル/日本文学、小説
■著者/有川浩
■出版社/文藝春秋
■税込価格/1,680円
■サイズ/443P 20cm

あの三匹のおっさんが帰って来た!
定年退職後、近所のゲーセンに再就職した剣道の達人、キヨ。
人情に厚い元居酒屋店主、柔道家のシゲ。
機械をいじらせたら右に出る者なし、工場経営者のノリ。(グレーゾーンすれすれの改造スタンガンを護身用に持ち歩いているおじさんです!)
”アラ還”(アラウンド還暦)だから何だ!書店万引き、不法投棄、お祭りの資金繰り・・・今日も三匹のおっさんはご町内を駆けめぐり、はびこる悪を斬る!
前巻までのダイジェスト漫画付き。

ナミヤ雑貨店の奇蹟

■出版年月/2012年3月
■ジャンル/日本文学、小説
■著者/東野圭吾
■出版社/角川書店
■税込価格/1,680円
■サイズ/385P 19cm

悩み相談お任せください―。
あらゆる悩みの相談に乗る、不思議な雑貨店。しかしその正体は…。物語が完結するとき、人知を超えた真実が明らかになる。すべての人に捧げる、心ふるわす物語。

舟を編む

■出版年月/2011年9月
■ジャンル/日本文学
■著者/三浦しをん
■出版社/光文社
■税込価格/1,575円
■サイズ/259P 20cm

☆★2012年本屋大賞受賞作!★☆
玄武書房に勤める馬締光也。営業部では変人として持て余されていたが、人とは違う視点で言葉を捉える馬締は、辞書編集部に迎えられる。新しい辞書『大渡海』を編む仲間として。定年間近のベテラン編集者、日本語研究に人生を捧げる老学者、徐々に辞書に愛情を持ち始めるチャラ男、そして出会った運命の女性。個性的な面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。言葉という絆を得て、彼らの人生が優しく編み上げられていく―。しかし、問題が山積みの辞書編集部。果たして『大渡海』は完成するのか―。
カバー裏のお楽しみは読んだ人の特権ですよ!

ピンクとグレー

■出版年月/2012年1月
■ジャンル/小説、タレント
■著者/加藤シゲアキ
■出版社/角川書店
■税込価格/1,300円
■サイズ/261P 20cm

NEWS・加藤シゲアキの書く青春小説。
芸能界を舞台に書かれる栄光と挫折の交差。
もう二度と会うことはないと思われた親友二人の再会が、物語を動かしていく・・・!
後半、怒濤の勢いで回収されていく複線に、気づけば目が離せなくなっています。
一度だけでなく二度三度読むことで、又違うものが見えてきますよ。

ミレニアム 1〔上〕

■出版年月/2011年9月
■ジャンル/ミステリー
■著者/スティーグ・ラーソン
■出版社/早川書房
■税込価格/840円
■サイズ/406P 16cm

全世界で6000万部の売り上げを記録したミステリ三部作の第一部。
月刊誌『ミレニアム』の発行責任者、ミカエル。大物実業家の違法行為を記事にしたミカエルは名誉毀損の有罪となり、『ミレニアム』から離れる事になる。そんな折り、大企業グループの前会長ヘンリックから依頼が。およそ40年前、ヘンリックの一族が住む孤島で兄の孫娘ハリエットが失踪した事件を調査して欲しいというのだ。解決すれば大物実業家を破滅させる証拠を渡すというヘンリック。ミカエルはヘンリックの申し出を受け、困難な調査を開始するのだが・・・

蜩ノ記

■出版年月/2011年11月
■ジャンル/直木賞受賞、小説
■著者/葉室麟
■出版社/祥伝社
■税込価格/1,680円
■サイズ/327P 20cm

☆★ 第146回 直木賞受賞作 ★☆
城内で刀傷沙汰を起こし、向山村に遣わされる事になった奥裕筆・檀野庄三郎。命じられたのは7年前、前藩主の側室と不義密通を犯したとして幽閉中の元郡奉行・戸田秋谷の監視と、7年前の事件の真相究明、そして秋谷の携わる家譜編纂業務の補助だった。秋谷は家譜編纂の任が解かれる10年後に切腹を命じられている。
”区切られた命”で日々を生きる秋谷。庄三郎は秋谷の清廉さを見ているうち、秋谷の無実を信じるようになり・・・
生きるとは何か。 作品全体に流れる重厚な空気。武士、主従関係の有り様を考えているうちに、今度は人間それぞれの価値観・正義を深く考えずにはいられなくなる。

共喰い

■出版年月/2012年1月
■ジャンル/芥川賞受賞、小説
■著者/田中慎弥
■出版社/集英社
■税込価格/1,050円
■サイズ/140P 20cm

☆★ 第146回 芥川賞受賞作 ★☆
芥川賞受賞会見で話題を呼んだ田中慎弥氏の受賞作登場。
川辺の町を舞台に繰り広げられる逃げ場のない血と性の葛藤。荒れ狂う欲望の行方は・・・?泥臭さと濃密さを纏わせたまま、じりじりと人の業・性に迫っていく描写は流石。

ヒア・カムズ・ザ・サン

■出版年月/2011年11月
■ジャンル/小説、日本文学
■著者/有川浩
■出版社/新潮社
■税込価格/1,365円
■サイズ/194P 20cm

小説と演劇のクロスオーバーから生まれたのは物語という希望の光。たった7行の演劇のあらすじから着想が生まれたと言うこの小説には、優しさと思いやりが込められている。
主人公は触れたものに残る他人の記憶を読む編集者。ある日、同僚・カオルの父親が20年ぶりに帰国することとなった。カオルの父親はハリウッドで映画の仕事をしている。だが、主人公が記憶から見た光景はそれとは異なり…!?
表題作の他に、「ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel」も収録。こちらは演劇版「ヒア・カムズ・ザ・サン」のノベライズとなっており、著者が実際演劇を鑑賞して書かれたものだ。1冊で世界観の異なるもう一つの物語も楽しむことができるので、倍、楽しみ方も広がることと思う。

friendsもののけ島のナキ

■出版年月/2011年11月
■ジャンル/小説、文庫
■著者/百瀬しのぶ
■出版社/小学館
■税込価格/480円
■サイズ/189P 16cm

SMAPの香取慎吾が声優として出演することでも注目を集める、12月17日に公開される山崎貴&八木竜一監督のアニメ「フレンズ もののけ島のナキ」のノベライズ本。
人々にもののけが住むと恐れられる”もののけ島”。ある日そこに迷い込んだ人間の赤ん坊・コタケはもののけたちに遭遇してしまう。だが、人間がもののけを恐れるように、実はもののけたちも人間を恐れていた…突然現れた人間に、パニックに陥るもののけたち。そこで島一番の暴れん坊である赤おに・ナキと青おに・グンジョーがコタケの面倒を見ることになるのだが…
いつしか不思議な友情が芽生え、だんだん”ともだち”になっていくナキとコタケ。だが、どんなに仲良くなっても人間ともののけはずっと一緒にいることができない。感動の物語の結末はいかに!?

幸福の探求 アビシニアの王子ラセラスの物語

■出版年月/2011年5月
■ジャンル/小説
■著者/サミュエル・ジョンソン
■出版社/岩波書店
■税込価格/693円
■サイズ/250P 15cm

真の幸せとは何か。ボウウェルによる伝記でその名を知られる18世紀英国の傑物ジョンソン博士が、物語の形でその人生哲学を述べた唯一の小説。

KAGEROU

■出版年月/2010年12月15日
■ジャンル/小説
■著者/齋藤智裕
■出版社/ポプラ社
■税込価格/1,470円

今話題になっている水嶋ヒロの処女作で、第5回ポプラ社小説大賞受賞作品。使われている日本語がとても美しいと評判。水嶋ヒロの感性が活字となってどう表現されているのか、とても楽しみな1冊である!

プラチナデータ

■出版年月/2010年6月
■ジャンル/日本文学
■著者/東野圭吾
■出版社/幻冬舎
■税込価格/1,680円
■サイズ/431P 20cm

東野圭吾の最新作。
犯罪防止を目的としたDNA法案が国会で可決し、検挙率が飛躍的に上がるなか、科学捜査を嘲笑うかのような連続殺人事件が発生。警察の捜査は難航を極め、警察庁特殊解析研究所のDNA操作システムの開発者までが殺される。確信は疑念に、追うものは追われるものに。信じられるのは、科学か、自分自身か・・・。すべての謎は、DNAが解決する。
数々の名作を生み出してきた著者が、究極の謎「人間の心」に迫る!

マルガリータ

■出版年月/2010年6月下旬
■ジャンル/歴史小説
■著者/村木 嵐
■出版社/文藝春秋
■税込価格/1,575円

1582年にローマ教皇のもとに派遣された天正少年使節。その中で、ただ1人棄教した千々石ミゲル。切支丹の憎悪を一身に受けながら、何の為に彼は生き抜こうとしたのか?
著者はいくつかの会社勤めをへて、作家の司馬遼太郎に仕えた最後のお手伝いさんで、現在は司馬遼太郎記念財団の理事長秘書。本作品は、第17回松本清張賞を受賞している。

1Q84 a novel BOOK3

■発売日/2010年4月16日
■ジャンル/小説
■著者/村上春樹
■出版社/新潮社
■税込価格/1995円

昨年大ヒットとなった作品、待望の第3弾。 早く読みたくてうずうずしているあなた、今すぐご予約を!! 予約〆切は3月30日!!

ロスト・シンボル 上

■出版年月/2010年3月
■ジャンル/文芸
■著者/ダン・ブラウン
■出版社/角川書店
■税込価格/1,890円
■サイズ/頁数・縦 351P 20cm

お待たせしました! 『ダ・ヴィンチ・コード』に続くシリーズ、第3弾! キリストの聖杯を巡る事件から数年後。ラングドンは旧友であるフリーメイソン最高幹部ピーター・ソロモンから急遽講演を依頼される。会場に駆けつけた彼を待ち受けていたのは、切断されたピーターの右手首だった!

ロスト・シンボル 下

■出版年月/2010年3月
■ジャンル/文芸
■著者/ダン・ブラウン
■出版社/角川書店
■税込価格/1,890円
■サイズ/頁数・縦 356P 20cm

人間、宗教、科学――根源的なテーマを強烈に突きつける、新たな衝撃作。 人質となったピーターを救うには、フリーメイソンが代々守り伝えてきたという」古の神秘」を探し出さねばならない。アメリカ建国の父祖が首都ワシントンDCに散りばめた象徴を追って、ラングドンが駆けめぐる。

ほかならぬ人へ

■出版年月/2009年11月
■著者/白石一文
■出版社/祥伝社
■文学賞/2010年 第142回 直木賞受賞
■税込価格/1,680円
■サイズ/20cm

★☆第142回 直木賞受賞作☆★
愛の本質に挑む純粋な恋愛小説。愛するべき真の相手は、どこにいるのだろう?「恋愛の本質」を克明に描きさらなる高みへ昇華した文芸作品。第22回山本周五郎賞受賞第一作!

1Q84 a novel BOOK1

■出版年月/2009年5月
■著者/村上春樹
■出版社/新潮社
■税込価格/1,890円
■サイズ/20cm

7年ぶりの大長編。BOOK1〈4月-6月〉。心から一歩も外に出ないものごとは、この世界にはない。心から外に出ないものごとは、そこに別の世界を作り上げていく。

1Q84 a novel BOOK2

■出版年月/2009年5月
■著者/村上春樹
■出版社/新潮社
■税込価格/1,890円
■サイズ/20cm

「こうであったかもしれない」過去が、その暗い浮かび上がらせるのは、「そうではなかったかもしれない」現実の姿だ。

新参者

■出版年月/2009年9月
■ジャンル/文芸
■著者/東野圭吾
■出版社/講談社
■税込価格/1,680円
■サイズ/20cm

日本橋の片隅で発見された40代女性の絞殺死体。着任したばかりの刑事・加賀恭一郎は、未知の土地を歩き回る。

無理

■出版年月/2009年9月
■ジャンル/文芸
■著者/奥田英朗
■出版社/文芸春秋
■税込価格/1,995円
■サイズ/20cm

人口12万人の寂れた地方都市・ゆめの。この地で鬱屈を抱えながら生きる5人の人間が陥った思いがけない事態を描く渾身の群像劇。

あるキング

■出版年月/2009年8月
■著者/伊坂幸太郎
■出版社/徳間書店
■税込価格/1,260円
■サイズ/20cm

天才が同時代、同空間に存在するとき、周りの人間に何をもたらすのか。野球選手になるべく運命づけられたある天才の物語。

獣の奏者 4 完結編

■出版年月/2009年8月
■著者/上橋菜穂子
■出版社/講談社
■税込価格/1,680円
■サイズ/20cm

王獣たちを武器に変えるために、ひたすら訓練をくり返すエリン。―けっしてすまいと思っていたすべてを、エリンは自らの意志で行っていく。はるか東方の隊商都市群の領有権をめぐって、激化していくラーザとの戦の中で、王獣たちを解き放ち、夫と息子と穏やかに暮らしたいと願う、エリンの思いは叶うのか。王獣が天に舞い、闘蛇が地をおおい、“災い”が、ついにその正体を現すとき、物語は大いなる結末を迎える。

獣の奏者 3 探求編

■出版年月/2009年8月
■著者/上橋菜穂子
■出版社/講談社
■税込価格/1,680円
■サイズ/20cm

あの“降臨の野”での奇跡から十一年後―。ある闘蛇村で突然“牙”の大量死が起こる。大公にその原因を探るよう命じられたエリンは、“牙”の死の真相を探るうちに、歴史の闇に埋もれていた、驚くべき事実に行きあたる。最古の闘蛇村に連綿と伝えられてきた、遠き民の血筋。王祖ジエと闘蛇との思いがけぬつながり。そして、母ソヨンの死に秘められていた思い。自らも母となったエリンは、すべてを知ったとき、母とは別の道を歩みはじめる…。

フリーター、家を買う。

■出版年月/2009年8月
■著者/有川浩
■出版社/幻冬舎
■税込価格/1,470円
■サイズ/20cm

「母さん死ぬな―」へなちょこ25歳がいざ一念発起!?崩壊しかかった家族の再生と「カッコ悪すぎな俺」の成長を描く、勇気と希望の結晶。


ページTOPに戻る