啓林堂書店 奈良の書籍

奈良の書籍

啓林堂書店奈良の書籍情報誌 [ 登録件数:46 ]
空から日本を見てみよう DVD 45号 (奈良 お寺めぐり)

■発売日/2017年9月19日
■ジャンル/ワンテーマ
■出版社/デアゴスティーニ・ジャパン
■税込価格/1,499円

『空から日本を見てみよう』は、テレビ東京系列で2009年10月15日から2011年9月15日まで約2年間放映された、新感覚バラエティー。「くもじい」と「くもみ」のキャラクターが、空からの視点で日本全国の絶景、不思議ポイントを見てまわり、面白いモノを見つけたら、地上に降りてその謎解きをするといった構成になっている。
今回は奈良のお寺を巡る旅! 生駒山を登っていくケーブルカーを追いかけて、今は大阪のベッドタウンとして人気の宝山寺駅へ。ここでケーブルカーの車両を乗り換えて山頂にある生駒山上遊園地に到着。山頂から見下ろす夜景を楽しみ、近鉄奈良線沿いを飛ぶ。奈良市で、寺の鐘を撞く撞木を製造するメーカーで撞木作りを見学。そこで、寺の多い奈良の鐘の音を聞き比べすることに決定。まずは西大寺の鐘の音を楽しむ。奈良のシンボル平城宮跡で日本の歴史を知り、寺を巡って鐘の音を聞きながら、迷路で有名な「ならまち」の成り立ちを学ぶ。そして奈良駅近くの奈良ホテルに潜入して、一路東大寺へ。入り口の南大門をかいくぐりいよいよ「奈良の大仏さま」に接近。大仏殿の秘密を探りながら、若草山に登頂して締めくくる。

はじめての仏像 知っておきたい仏像の見方と仏教の教え(別冊宝島2574)

■出版年月/2017年4月
■ジャンル/仏像、教養
■監修/村越英裕
■出版社/宝島社
■税込価格/1,296円
■サイズ/127P 30cm

仏像とは何か? ポーズ(印相)にはどのような意味があるのか? 光背はなぜついているのか? 誰が造ったのか? 法隆寺『釈迦三尊像』、興福寺『阿修羅像』などの例を見ながら、仏像の見方、楽しみ方、拝み方を一から解説する仏像入門ガイド! 「奈良国立博物館 学芸員が語る 快慶仏の“麗” 運慶仏の“剛”」他、特集ページもお見逃しなく!

大人の日帰り 関西版 3

■出版年月/2017年4月
■ジャンル/ガイド
■出版社/京阪神エルマガジン社
■税込価格/907円
■サイズ/112P 30cm

大人のための休日案内として大人気の『大人の日帰り』シリーズの第三弾! 見どころもその土地のうまいもんも楽しめる「街あるき」から、観光列車、路線バス、パワースポット、ミュージアムなどをテーマに、丸1日楽しめるモデルコースで案内。奈良からは生駒、今井町などがエントリー。大人ならではの休日の過ごし方が満載の1冊です。

今昔(いまはむかし)奈良名所 古き奈良名所を訪ねる

■出版年月/2017年1月
■ジャンル/ガイド
■著者/森下惠介
■出版社/奈良新聞社
■税込価格/1,620円
■サイズ/75P 図版26P 21cm

世界に知られた観光名所、奈良。仏像や古建築の鑑賞が観光の柱となる以前、人々はどんな奈良巡りを楽しんでいたのでしょう。猿沢池は「澄まず、濁らず、出ず、入らず、蛙わかずに、藻が生えず、魚が七分に水三分」が七不思議。池畔の旅籠「小刀屋」は、何泊しても毎日夜具と家具が変わると評判でした。
江戸から明治にかけての奈良巡りを当時の定番ルートで追体験してみませんか。土産物の錦絵や絵葉書も多数収録、見て読んで楽しめる案内書です。

奈良仏像めぐり  改訂2版 たびカル

■出版年月/2017年2月
■発売日/2017年1月30日(予定)
■ジャンル/仏像、情報誌
■出版社/JTBパブリッシング
■税込価格/864円
■サイズ/111P 19cm

「どうしても会いたいスーパー美仏」や「見比べスター仏像」など、奈良の「仏像」にスポットを当て、ステキな仏像をじっくり、たっぷり紹介。見て、眺めて楽しみながら、奈良の仏像の基本知識が分かる構成になっています。また、エリア別にお寺を紹介しているページもあるので、奈良旅行のおともにもピッタリ。便利な「ならまちひとやすみマップ」と「奈良市街マップ」の折込地図付き! テーマで巡る、かわいいカルチャーブックです。

神社の至宝

■出版年月/2016年12月
■ジャンル/神社・仏閣、情報誌
■出版社/洋泉社
■税込価格/1,404円
■サイズ/125P 29cm

歴史ある神社には、古代の神像から戦国武将の武具まで、 奉納されたさまざまな宝物が眠っているが、 なかなか一般に目にする機会がない。
本書ではこうした神社の至宝を集め、その歴史とともに紹介。 春日大社ほか、27の貴重な国宝・重文の宝物が登場!

奈良 大和路 (おとな旅プレミアム)

■出版年月/2016年9月
■ジャンル/ガイド、観光
■出版社/TAC株式会社出版事業部
■税込価格/972円
■サイズ/143P 20cm

テーマは「日本人のふるさと~古代日本を幻視する旅」。奈良の桜と紅葉を満喫できる美景の数々を掲載。続いて世界遺産である奈良の東大寺、興福寺、元興寺、春日大社、佐保路・佐紀路の薬師寺、唐招提寺、平城宮跡、斑鳩・郡山の法隆寺、吉野の金峯山寺などの諸堂、諸殿を詳細に紹介し、周辺の街並の情緒に触れる散歩もご提案。歴史特集では、日本有数の古墳群、飛鳥・白鳳など仏教文化の隆盛を辿り、日本のはじまりに思いを馳せます。

おとな旅あるき旅の本

■出版年月/2015年12月
■ジャンル/ガイド、旅行
■出版社/京阪神エルマガジン社
■税込価格/886円

俳優三田村邦彦さんがナビゲーターを務める、テレビ大阪の人気の旅番組『おとな旅あるき旅』が本になりました!
300回を超えるこれまでの放送の中から、西日本の旅先全33エリアをピックアップ。 奈良/万葉まほろば線(JR桜井線)/大和郡山も取り上げられていますよ!
「おとな」が満足する名物料理や宿、隠れた名産品などを紹介していますので、お見逃しなく!

目の眼 2015年12月号

■発売日/2015年10月31日
■ジャンル/芸術・美術、情報誌
■出版社/目の眼
■税込価格/1,080円

今月号の「目の眼」は奈良特集! 様々な角度から奈良に迫ります。
<目次>
[特集]
●奈良の古いものめぐり
 ◇Special Intview 前春日大社権宮司 岡本彰夫
  「一三〇〇年の奈良の文化が生んだ知られざる名工を明らかにせなあかん」
 ◇古美術店で出会う奈良
 ◇奈良 街歩きマップ
 ◇第67回 正倉院展 天平の声を聴きにいく 内藤 栄
 ◇2015秋冬 行事と秘仏御開帳
 ◇東大寺裏道「寂」散歩
 ◇古都の味を楽しむ

[特集2]
●古鏡 -その神秘の力- 展   他

奈良の本

■出版年月/2015年10月
■発売日/2015年10月16日
■ジャンル/ガイド、情報誌
■出版社/京阪神エルマガジン社
■税込価格/810円

奈良“限定”ウォーキング
「山の辺の道ウォーキング」「千本桜、吉野山ウォーキング」「春日山原始林ウォーキング」
干し柿、吉野葛、お寺の薬湯・・・
「奈良みやげを買いに」
他、奈良を知るための盛りだくさんの特集となっています。お見逃しなく!!

サライ 2015年11月号

■発売日/2015年10月10日
■ジャンル/情報誌、仏像、グルメ、山の辺の道、文化
■出版社/小学館
■税込価格/840円

今月号のサライは奈良をどどんと大特集!
「未体験の奈良へ」と題し、全4部構成で奈良の仏像、古道、文化、グルメに迫ります。

<目次>
第1部 わがこころの仏像

日本美術史研究家の辻惟雄さん、音楽家の千住明さん 他、奈良に魅せられた7人が仏像の「出会い」と「見どころ」を語ります。
第2部 大和「古道」巡礼
山辺の道 他、まほろばの里を歩く4コースを紹介。
第3部 奈良で習う
蹴鞠体験、奈良遊覧飛行、僧・尼僧体験 他、“なら”ではの文化を体感。
第4部 古都の滋味を食す
奈良パークホテル 他、奈良市内とっておきの8店を紹介。

とじ込み付録「奈良詳細地図/歩く古道マップ」(56cmワイド両面仕様)もお見逃しなく!

和樂(わらく) 2015年11月号

■発売日/2015年10月1日
■ジャンル/情報誌、仏像
■出版社/小学館
■税込価格/1,400円

今月の特集は「仏像を巡る旅」!
「見仏記」の著者である、 いとうせいこう、みうらじゅんが見仏の旅へ誘います。
日本を代表する仏像16体を解説した「仏像の楽しい見方完全マニュアル」、「深まる秋、奈良の小さな寺で見仏散歩」等、仏像の旅に今すぐ出たくなること間違い無しの大特集です。

京都・奈良の寺社

■出版年月/2015年8月
■ジャンル/ガイド、寺院
■出版社/洋泉社
■税込価格/1,404円

日本の心と出会う、古都の名刹古社へ。
名寺院、名神社の歴史や見どころはもちろん、 寺社の建造物の構成や配置、参拝のしきたり、 6社、15社と目的をもってまわる巡礼など、 日本人なら一度は行っておきたい京都・奈良の神社仏閣を解説。
奈良からは、薬師寺、法隆寺、春日大社、橿原神宮などの寺院・寺社が登場。「寺院・神社MAP」付。

奈良歴史地図帖 探訪!!

■出版年月/2015年3月
■ジャンル/歴史、雑学、教養
■編集/歴史探訪研究会
■出版社/小学館クリエイティブ
■税込価格/1,728円
■サイズ/95P 26cm

いにしえの都「平城京・奈良」を豊富な地図を使って、歴史的なポイントや事件の背景を紹介した歴史探訪地図帖です。
奈良の歴史散歩が楽しくなる、おすすめの探訪コースはもちろん、千三百年前の「平城京」と現代の「奈良」を鳥瞰図で比較する、四神に守られた「風水地図」や「都の配置図」、飛鳥・白鳳・天平の名品、国宝級の「仏像分布地図」など多彩な地図を掲載。地図を読み解くことで、新しい「奈良」の歴史が見えてきます。

世界遺産 京都・奈良の27寺社

■出版年月/2008年11月
■ジャンル/情報誌、ガイド、世界遺産
■出版社/JTBパブリッシング
■税込価格/905円
■サイズ/144P 26cm

建築・美術史専門家のコメントをちりばめた、面白くて楽しい世界遺産ガイド。各寺社の空撮写真も必見!少し変わった視点から世界遺産が楽しめ、写真集としてもおすすめです。
奈良からは薬師寺、唐招提寺、東大寺、興福寺、元興寺、春日大社、春日山原始林など、10か所の世界遺産が紹介されています。

月刊大和路ならら 2014年12月号(195号)

■出版年月/2014年12月
■ジャンル/情報誌
■出版社/地域情報ネットワーク株式会社
■税込価格/500円

舞楽などの外来の音楽に対して、日本に古来伝わる歌舞を「国風歌舞(くにぶりのうたまい)」といいます。春日若宮おん祭では、国風歌舞の代表格、社伝神楽や東舞(あずままい)、そして和舞(やまとまい)が見られます。
今号は和舞をピックアップ!のびやかな歌に乗ってゆったりと舞い上げる幽玄の舞について特集します。

週刊 日本の神社 全国版 2014年11月25日号

■発売日/2014年11月11日
■ジャンル/神社、教養、ガイド
■出版社/デアゴスティーニ・ジャパン
■税込価格/607円

今号は石上神宮特集。
縁起とご祭神の詳細に迫る他、古都の趣を感じる石上神宮周辺の社をめぐる、など特集満載。現在大古事記展にて、所蔵の七支刀が公開されています。【11月24日(月・祝)まで】

SAVVY(サヴィ) 2014年11月号

■出版年月/2014年9月
■発売日/2014年9月23日
■ジャンル/情報誌、ガイド
■出版社/京阪神エルマガジン社
■税込価格/590円

住宅地にある森の中のピッツェリア、県下の大和茶を取りそろえる店、鎌倉からやってきた注目の古道具店(10月オープン予定!)など、思わず行きたくなるお店の登場で、ますます魅力的になった奈良。ならまち、きたまちの街なか最新ニュースはもちろん、学園前、大和郡山など住宅地エリア、大自然に囲まれた川上村や十津川村…と、3年ぶりの奈良特集は北から南へ幅広く。関西人なら一度は行きたい正倉院展の見どころもレクチャー!
まずは鮮やかな金魚の写真が目を引く本書目次より、気になる最新のグルメ情報、見どころスポットをチェックしてみて下さい。可愛い鹿の表紙が目印ですよ!

オレンジページ 2014年10月2日号

■出版年月/2014年9月
■発売日/2014年9月17日
■ジャンル/情報誌
■出版社/オレンジページ
■税込価格/320円

今月号は、ほぼ一冊まるごと、秋の野菜たっぷりスペシャル!
特集「日本のおいしい&楽しいを再発見 いただきます! 奈良・奈良市街」にて、奈良のおいしいに迫ります。9月17日、まもなく発売!

月刊大和路ならら 2014年9月号(192号)

■発売日/2014年9月1日
■ジャンル/情報誌、ガイド
■出版社/地域情報ネットワーク
■税込価格/500円

巨石、それは人智を超えた大自然のエネルギーの産物、仰ぎ祀るべき聖なる存在。やがてそれは神そのものとして、また神の降りられる磐座として篤い信仰を集めてきました。
今回は山添村や天理市をはじめとする奈良県内の巨石・磐座を通し、大和の祈りの姿を紹介。また謎の石造物が点在する明日香村や、岩を楽しむ景勝の地へもご案内します。

和樂(わらく) 2014年8・9月号

■発売日/2014年7月1日
■ジャンル/情報誌
■出版社/小学館
■税込価格/1,400円

今月の特集は、「懐かしい!ニッポンの原風景を歩く! Finding Japan Again!」。美しき日本の風土と歴史と文化が生まれた場所を訪れます。他、歌人・馬場あき子さんと“やまとことば”の地を巡った「万葉集のふるさと、奈良でニッポン人の原風景を見つけた!」、大物写真家たちの心をとらえてきた美しき女人高野「室生寺 静寂と祈りの世界へ」など、奈良に関する特集も目白押し。

<別冊付録>
◇ニッポンの名画50 原寸大美術館
  高松塚古墳の壁画、平安期の絵巻物など、日本美術史を代表する50の名作絵画を
  原寸大で掲載!
◇美術展カレンダー 2014年夏特別版

月刊大和路ならら 2014年7月号(190号)

■発売日/2014年7月1日
■ジャンル/情報誌、ガイド
■出版社/地域情報ネットワーク
■税込価格/500円

都会では想像もつかないほど、奈良にはお地蔵さんがいっぱい。お寺をはじめ、野に山に、田の畔に、墓地の入口に、そして町の辻々に立って、にっこり笑顔で迎えてくれます。地蔵信仰の起源と歴史、変遷、また様々なエピソードをもつお地蔵さんや昔話も紹介。関西の夏の風物詩、地蔵盆も目前。奈良を隅々まで歩きたくなる1冊です!

週刊 日本の神社 全国版 2014年4月22日号

■出版年月/2014年4月
■発売日/2014年4月8日
■ジャンル/神社、教養、ガイド
■出版社/デアゴスティーニ・ジャパン
■税込価格/607円

今号は春日大社特集です。
およそ1300年前、平城京の守護神として創祀された春日大社は、はるか東国から国家鎮守の2柱の武神とともに四柱の神々を勧請(かんじょう)し、称徳天皇の勅命によって創建された春日信仰の総本社です。その神域は、古来春日大社の神体山として信仰の場であった御蓋山(みかさやま)全域、飛火野などを含む約32万坪を誇り、平成10年には「古都奈良の文化財」として世界遺産に登録されました。雅にして鮮やか、優美にして厳かな大社の佇まいは、刻まれた歴史の重みを湛えながら古の都の雰囲気を今に伝えています。
他、多彩な特集を予定。千有余年の歴史を刻む古式ゆかしき春日の祭祀にせまる「四季と祭り」、緑深き神宿る春日の里を楽しむ「門前旅情」、古の都の文化を伝承する春日大社周辺の名社を歩く「名社をめぐる」、平城京の一等地を手に入れた藤原氏の思惑にせまる「聖地のミステリー」など、春日大社の情報が豊富に詰め込まれた1冊となっています。

るるぶ奈良 ’14~’15

■出版年月/2014年1月
■ジャンル/情報誌、ガイド
■出版社/JTBパブリッシング
■税込価格/864円
■サイズ/128P 26cm

世界遺産の有名社寺や多数の国宝が集まる奈良公園・斑鳩・西ノ京をはじめ、郊外の人気観光地飛鳥・吉野、古い町並みが楽しめるならまちと、ぜひとも訪れたい6大スポットに焦点を当てて各エリアの回り方などを詳しく紹介! 現地で必要になるグルメガイド、おみやげガイドは本誌の中央綴じ部分に配置されているため、非常に見やすい構成だ。仏像の見方、親しみ方を分かりやすく解説した特集別冊付録もお見逃しなく。

中川政七商店 2013 秋/冬

■出版年月/2013年10月
■ジャンル/情報誌
■出版社/宝島社
■税込価格/1,500円

全ブランドの秋冬新作、2014年新作を掲載!先取り情報はこれでOK!
付録のバック、鹿の小紋柄のショルダー付き2WAYは、他では手に入らないムックだけの限定品です。

日本の城 全国版  2013年10月22日号

■発売日/2013年10月8日
■ジャンル/情報誌、歴史、建築
■出版社/デアゴスティーニ・ジャパン
■税込価格/590円

大国大和を治めた総構の城、大和郡山城特集号!

NARA CAFÉ BOOK (ぱーぷる別冊)

■出版年月/2013年5月
■ジャンル/奈良・ガイド
■出版社/N.I.PLANNNING(エヌ・アイ・プランニング)
■税込価格/780円
■サイズ/128P 21cm

わざわざ行きたい奈良のカフェ約100店舗を掲載したカフェ本。
持ち歩きに便利なサイズで、奈良県内のカフェ情報がぎゅっと詰まっています。
50音INDEXが巻末に記載されていて、店名からお店を探すのにも適した1冊です。
奈良カフェさんぽのお供にいかがでしょうか。
※こちらの商品はe-honではご注文できません。書店の店頭でのみお求め頂けます。

月刊大和路ならら 2013年6月号(177号)

■発売日/2013年6月1日
■ジャンル/歴史
■出版社/地域情報ネットワーク
■税込価格/400円

奈良の歴史と言えば飛鳥・奈良時代にどうしても目がいきがちですが、今回の「ならら」は京都朝廷(北朝)と吉野朝廷(南朝)が共に並立していた南北朝時代の吉野をクローズアップしています。
「一味散々(1333年)、建武の新政」。元弘3年、後醍醐天皇は鎌倉幕府を倒し天皇親政を行いました。しかし政治は混乱、ついには国内が2つに分裂する南北朝時代へ突入します。南朝の後醍醐天皇が吉野に潜んだことから、奈良県南部は南朝史がいまも息づいている地。「哀史」の一言ではくくりきれない激動の時代の痕跡を、各地に訪ねます。

奈良おさんぽマップ

■発売日/2013年6月11日
■ジャンル/ガイド
■出版社/実業之日本社
■税込価格/580円

国宝・世界遺産の社寺や古い街並み、里山の自然が美しい奈良のおさんぽ37コースを紹介。特集はちょっと特別なお参りとおみやげ。まもなく登場です!

奈良住まいと暮らしの年鑑 2013

■発売日/2012年12月10日
■ジャンル/ガイド、建築
■出版社/エヌ・アイ・プランニング
■税込価格/1,050円
■サイズ/297×220mm、フルカラー

奈良県内唯一の住宅専門綜合カタログ。
「どこに頼めばいいのか?」「実績や企業の強みの商品、地元工務店などの企業情報が知りたい!」「どんな新築施工事例があるのか?」そんな声に応えるべく、奈良の新築実例を一挙公開。地元工務店情報や、家づくりに役立つ情報をたっぷり掲載。

奈良ごはんと手みやげ

■発売日/2012年12月10日
■ジャンル/ガイド、グルメ、みやげ
■出版社/エヌ・アイ・プランニング
■税込価格/980円
■サイズ/A5版フルカラー

女性の持ち歩けるオシャレでかわいいグルメ本がまもなく登場。時間とエリア別にグルメ店を紹介するダブル表紙は裏のない両面表紙というから一風変わっていて面白い。掲載店舗は「グルメぱーぷる」シリーズ最多の約300軒を予定。(お値段は据え置き980円!)手土産の特集ページもあります。グルメ・手土産のガイドブックならこれ!

奈良のらーめん100選

■発売日/2012年11月30日
■ジャンル/ガイド、グルメ
■出版社/エヌ・アイ・プランニング
■税込価格/880円
■サイズ/A5版オールカラー

奈良の個性的でうまいラーメン屋を多数紹介。掲載店舗は選りすぐりの100件!
魅せられる素材、惚れ惚れする技、飽くなき探求心から生まれる渾身の一杯が迫力あるビジュアルで紹介される。ラーメン好きが知りたいコアな情報までばっちりカバー。お得な読者限定クーポン付き。これは見逃せない!

美食倶楽部

■発売日/2012年11月15日
■ジャンル/ガイド、グルメ
■出版社/エヌ・アイ・プランニング
■税込価格/1,260円
■サイズ/200頁、A4変形判フルカラー

2008年、2010年と刊行されてきた「美食倶楽部」第3弾が登場。
凄腕の料理人、景観や内装の素敵なお店、とことんこだわり抜いた要の素材についてなど、様々な角度から奈良の食にせまる。
奈良の食情報を知るための情報検索ツールとして活躍すること間違いなし!お見逃し無く。

和樂(わらく) 2012年12月号

■発売日/2012年11月1日
■ジャンル/世界遺産
■出版社/小学館
■税込価格/1,300円

特集は「いざ!国宝巡礼の旅へ 今宵一献日本酒と旬菜の粋なたしなみ」。
奈良大和路の風物とそこに息づく歴史、表情豊かな自然をこよなく愛した写真家・入江泰吉。彼が巡った斑鳩、飛鳥、宝生を追う「晩秋の大和路国宝散歩」を始め、あなたの知らないビックリ国宝大集合!「くらべてわかる、国宝トリビア図鑑」など、魅力的な記事が満載。

まほろびすと Vol.4(秋号)

■発売日/2012年10月25日
■ジャンル/情報誌、ガイド
■出版社/実業出版
■税込価格/800円

「錦秋の正倉院展、色づく春日に逍遥す」と題し、正倉院展の魅力に迫る。
会場となる奈良国立博物館を含む「春日の地」を、そぞろ歩き。
ほかにも、「記紀万葉ツアリズム/古今が行き交う山の辺の道へ」、「奈良ホテル/ノスタルジーに誘う、美味なる時間旅行」、「夫婦で奈良に住んでみました/吉野葛スイーツを食べ比べ」等々、特集が目白押し。

月刊 大和路 ならら 2012年10月号(169号)

■出版年月/2012年10月
■ジャンル/情報誌、ガイド
■出版社/地域情報ネットワーク
■税込価格/400円
■サイズ/B5版

奈良の秋の一大イベント、第64回正倉院展。コバルトブルーの美しい「瑠璃坏」他、「螺鈿紫檀琵琶」「木画紫檀双六局」など名宝がずらりと並ぶ。
鑑賞の見どころは帝塚山大学の関根俊一氏、正倉院ガラスからみえてくる古代交流史を古代ガラス研究の第一人者・由水常雄氏が解説。
正倉院展特集号!お見逃し無く!

Richer(リシェ) 2012年11月号

■発売日/2012年10月5日
■ジャンル/情報誌、ガイド
■出版社/京阪神エルマガジン社
■税込価格/680円

若草山の緑がすぐ近くに見え、世界遺産のお寺や神社、昔ながらの町並…と少し歩くだけでいろんな風景を楽しむことのできる奈良。
今号は奈良をもっと深く知ることができる特集号!
「住みたい10の街案内」、「橿原市昆虫館」、「もうひとつの吉野へ」、「デザインを楽しむ正倉院展」など、普段取り上げられるポイントとは少し違った切り口から奈良を紹介しています。
住宅街のお店にも注目。本誌を読めば新しい奈良の魅力が発見できる・・・かも?

トラベルJ[vol.1] 奈良

■発売日/2012年10月12日
■ジャンル/ガイド
■出版社/発行:育鵬社、発売:扶桑社
■税込価格/1,050円
■サイズ/A5判・並製178ページ

奈良の魅力がよくわかる、これまでにないガイドブック登場!
日本の文化の源流であり、貴重な文化財が数多く存在する日本の「聖地」奈良。 その魅力を国宝51点、重要文化財18点の写真から一挙に解明する。
法隆寺、東大寺、興福寺から日本最古の山の辺の道、大神(おおみわ)神社など、史跡や文化財の詳しい情報を掲載し、著名な歴史家や作家による読み応えのあるコラムで更に奈良への理解を深める。奈良旅行に必携の一冊!

○●コラム執筆陣&タイトル●○
田中英道(東北大学名誉教授) ◇ 美術史の国際的な権威による仏像解説
井沢元彦(作家) ◇ 聖徳太子と法隆寺から読み解く奈良
北河原公敬(東大寺第220世別当) ◇ お水取りの歴史的意義
西山厚(奈良国立博物館学芸部長) ◇ 奈良は今でも神仏習合
加来耕三(歴史作家) ◇ 平城京から南北朝、戦国時代までを俯瞰
小川光三(飛鳥園代表) ◇ 時空を超えた二人~會津八一と小川晴暘
遠山美都男(学習院大学講師) ◇ 崇仏論争の真相と飛鳥寺

週刊 日本の世界遺産 2012年9月2日号

■出版年月/2012年8月
■発売日/2012年8月23日
■ジャンル/情報誌、世界遺産
■出版社/朝日新聞出版
■税込価格/580円
■サイズ/A4版変型・オールカラー36頁

古都・奈良特集第二弾登場。テーマは「復元・修理で蘇る八世紀の都」。
奈良の文化財として平城宮、薬師寺、唐招提寺をピックアップ。又、「解体修理が東塔の謎を解く?」「唐招提寺金堂の三尊はいつ頃つくられたのか」など、他にも好奇心くすぐられる見出しが並ぶ。「平城宮東院庭園にみる奈良時代の造園法」など少々変わった視点の特集も面白い。

まほろびすと Vol.3(夏号)

■出版年月/2012年7月
■発売日/2012年7月25日
■ジャンル/情報誌、ガイド
■出版社/実業出版
■税込価格/600円
■サイズ/A4判フルカラー

「今宵、奈良町に迷い込む」。
今回は奈良町を特集。夜の奈良町はいつもと違う顔を見せてくれる・・・かも?
県外の方・奈良にお住まいの方にもオススメのお店を紹介。(居酒屋多し!) 気軽に入りやすいお店もあれば、少し勇気を出して戸を引かねばならないお店もあり、はたまた、アクの強い店主が取り仕切るお店も・・・あなたの気になるお店が見つかる筈!
巻末には奈良交通×古事記の特集も。
まほろびすと色の出た個性的な紙面となっています。お見逃しなく!

奈良 
ココミル 関西 4

■出版年月/2012年7月
■ジャンル/ガイド
■出版社/JTBパブリッシング
■税込価格/840円
■サイズ/143P 20cm

奈良ならではの静かな隠れ古寺、廃工場を改修した話題のスポット、セレクトショップで人気の奈良発ブランドの本店探訪など、ちょっと違った角度から奈良を楽しむ。
おすすめルートや立寄りポイントが分かるから、定番の大寺院や神社巡りがより楽しめる内容になっています。

奈良おでかけ地図 お寺、カフェ、レストラン、雑貨…めぐって楽しい奈良の300軒。

■出版年月/2012年5月
■ジャンル/ガイド、地図
■編集/京阪神エルマガジン社
■出版社/京阪神エルマガジン社
■税込価格/750円
■サイズ/120P 29cm

歩いて楽しむ奈良(にゃら)。古い町並の情景を写した写真にこそっと写り込んでいる猫を見ていると、のんびりまったり、猫の気分で奈良の古い町を散歩してみたくなりますよ。
奈良のグルメ・カフェ・雑貨、要チェックです!

月刊 大和路 ならら 2012年6月号(165号)

■出版年月/2012年6月
■発売日/2012年6月1日
■ジャンル/情報誌
■出版社/地域情報ネットワーク
■税込価格/400円
■サイズ/B5版

「古事記」。それは神と人とが織りなす、壮大な日本創生の物語。
今月号はまるまる一冊古事記特集!
「古事記」の世界を楽しみ尽くす決定版登場!!
奈良を舞台にした話も盛りだくさんです。

まほろびすと Vol.2(春号)

■発売日/2012年4月25日
■ジャンル/情報誌
■出版社/実業出版
■税込価格/600円
■サイズ/A4判フルカラー、80P

-奈良を再発見。
【第1特集「遠出もいとわぬ、ご朱印の旅」】
 ご朱印の愉しみとは!?天河大辨財天社、壷阪寺、龍泉寺、宇太水分神社、相撲神社…由緒と独特の魅力を放つ霊場を、豊富なビジュアルと共にお楽しみ下さい。
【第2特集「春の奈良、かご弁当。」】
 春の行楽シーズンと言えばお弁当!彩り豊かなお弁当が春を感じさせてくれますよ。
【第3特集「記紀万葉ツアリズム 八咫烏の影を追え」】
 後の神武天皇となるカムヤマトイワレビコを大和へと導いた八咫烏を追って、吉野・宇陀のゆかりある場所を巡ります。
GW中のお楽しみにどうぞ!

まほろびすと Vol.1(創刊号)

■出版年月/2012年1月25日
■ジャンル/情報誌
■出版社/実業出版
■税込価格/600円
■サイズ/30×21×1 cm、72P

様々な角度から奈良の魅力に迫る、古都・奈良を知るための情報誌、創刊!
古代より引き継がれてきた奈良の歴史、文化・・・しかし、意外に知らないことも多いのではないだろうか。だが故郷を深く知ることで、初めて得られる発見・喜びがある。本誌はそんな本物を読者に示してくれる。
タイトルの”まほろびすと”とは”まほろばを彷徨う人”のこと。また、”まほろば”とは”素晴らしい国”という意味だ。そんな素晴らしい心のふるさとに思いを馳せながら旅ができるとは、なんとも心地のいい贅沢である。
年4回(1月、4月、7月、10月)発行の季刊誌。毎号25日発売予定。

nala:yome[ならよめ]

■出版年月/2012年1月25日
■ジャンル/ウエディング情報誌
■出版社/ベースクリエーション
■税込価格/280円
■サイズ/A4変形判、150P

奈良に特化したウエディング情報誌が登場!
奈良の式場紹介、二次会に使えるショップなど、地元のリアルな情報にスポットが当てられた特集は見所満載。レシピページには「大和野菜を使った、旦那に食べさせたいご飯」の特集もありますよ!
奈良だからできる、奈良しかできない、”奈良ウエディング”。奈良の良さがたくさん詰まってます。4月からは偶数月25日発売予定。


ページTOPに戻る