啓林堂書店 オススメ本

オススメ本 啓林堂一押し本

啓林堂書店スタッフ・オススメ本ミステリー [ 登録件数:36 ]

啓林堂書店 学園前店 スタッフおすすめ

アルバイトのKさん
ミステリー好きの方ならきっと満足出来る内容です。
とある館に集められた10人の男女。しかし、これといった共通点も無く困惑する10人に主催者と思われる人物から告げられた驚愕の共通点。そして、その館は恐怖の殺人現場へと姿を変える。果たして主催者の目的とは? そして彼らはこの館から無事脱出出来るのか…?

そして誰もいなくなった

そして誰もいなくなった

■出版年月/2010年11月
■ジャンル/日本文学、文庫、ミステリー
■著者/アガサ・クリスティー、訳/青木久惠
■出版社/早川書房
■税込価格/821円
■サイズ/387P 16cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 生駒店 スタッフおすすめ

アルバイトのUさん
綾瀬はるか、松坂桃李ら主演で映画化もされたお話のシリーズ第1巻
広範な専門知識と観察眼を持つ「万能鑑定士」の凜田莉子が様々な事件を解決していく始まりのお話。シリーズ全ておすすめですが、まず1巻を!

万能鑑定士Qの事件簿 1

万能鑑定士Qの事件簿 1

■出版年月/2010年4月
■ジャンル/ミステリー、文庫
■著者/松岡圭祐
■出版社/KADOKAWA
■税込価格/562円
■サイズ/274P 15cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 郡山店 スタッフおすすめ

パートのSさん
ホワイダニット(動機が謎)で普通の小説感覚で読めるミステリ
86件もの完全殺人をくり返した殺人鬼・佐藤誠は、ある事件だけ首を切断して放置していた。なぜその一件だけ証拠を残したのかをドキュメンタリー・ルポの形で解明していく。まるでノンフィクションのような仕上がり! 本格謎解きではないものの、ミステリのお約束として後ろをチラ見せず、最初から最後のページまで読むことで仕掛けが楽しめる作品です。

遠海事件 佐藤誠はなぜ首を切断したのか?

遠海事件 佐藤誠はなぜ首を切断したのか?

■出版年月/2014年2月
■ジャンル/文庫、ミステリー
■著者/詠坂雄二
■出版社/光文社
■税込価格/648円
■サイズ/276P 16cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 奈良店 スタッフおすすめ

アルバイトのOさん
少女漫画っぽくない少女漫画
「このマンガがすごい!2016」オンナ編では20位にランクインした注目作です。 可愛らしい表紙に惹かれて買ってみたら驚きの展開。ほのぼのラブストーリーというよりどこかミステリー、先の読めない展開で、いい意味で期待を裏切られます。

おはよう、いばら姫 1

おはよう、いばら姫 1

■出版年月/2015年4月
■ジャンル/コミック
■著者/森野萌
■出版社/講談社
■税込価格/463円
■サイズ/187P 18cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 郡山店 スタッフおすすめ

社員のM.Oさん
この文化祭にとても行ってみたい!
文化祭に怪盗が現れた。そいつはアカペラ部からアクエリアス、囲碁部から石(碁石)、占い研究会から運命の輪(タロットカード)を盗み出した。作りすぎた文集を抱え、右往左往する古典部の面々は怪盗「十文字」をつかまえることができるのか。まるでライトミステリな話ですが、「才能」と「期待」、この言葉を念頭において読むと青春群像劇に様変わりします。

クドリャフカの順番 Welcome to KANYA FESTA!

クドリャフカの順番 Welcome to KANYA FESTA!

■出版年月/2008年5月
■ジャンル/文庫、日本文学、ミステリー
■著者/米澤穂信
■出版社/KADOKAWA
■税込価格/691円
■サイズ/393P 15cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 新大宮店 スタッフおすすめ

アルバイトのYさん
誰が犯人なのか、推理しながら読みたくなる、そんな1冊です。
作中の手に汗を握る展開に、読んでいるうちに自分もその物語の中に入り込んでいくような感覚があります。最後に全ての伏線が回収され、謎が解けた時の爽快さがある作品です。

マスカレード・ホテル

マスカレード・ホテル

■出版年月/2014年7月
■ジャンル/日本文学、文庫、ミステリー
■著者/東野圭吾
■出版社/集英社
■税込価格/821円
■サイズ/515P 16cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 学園前店 スタッフおすすめ

アルバイトのNさん
ビッグスケールの感動ミステリ!!
横溝正史ミステリ大賞に輝いたこともある作品。首都圏直下地震発生後の東京お台場を舞台に、主人公たちが奔走する姿が魅力的です。
悲しくも壮大なストーリー展開をどうぞお楽しみ下さい。

お台場アイランドベイビー

お台場アイランドベイビー

■出版年月/2013年9月
■ジャンル/文庫、ミステリー
■著者/伊与原新
■出版社/KADOKAWA
■税込価格/885円
■サイズ/549P 15cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 西大寺店 スタッフおすすめ

パートのMさん
ワクワク、ドキドキ
昭和64年に起きた誘拐事件、通称ロクヨン。警察の広報課として働く主人公がその謎に迫るミステリー。細かい裏話が楽しいです。後半もハラハラ。最高でした!

64 上・下

64 上・下

■出版年月/各2015年2月
■ジャンル/文庫、日本文学、ミステリー
■著者/横山秀夫
■出版社/文藝春秋
■税込価格/各691円
■サイズ/上:355P 16cm、下:429P 16cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 奈良店 スタッフおすすめ

パートのNさん
オタクの高校生探偵が密室の謎を解いていく楽しい話。
タイトル通り学園ものミステリーながら、登場人物や学校の描写が目に見えるかのようにすごい。その上エピローグでは更に駄目押しが・・・。

体育館の殺人

体育館の殺人

■出版年月/2015年3月
■ジャンル/日本文学、文庫、ミステリー
■著者/青崎有吾
■出版社/東京創元社
■税込価格/842円
■サイズ/379P 15cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 奈良三条店 スタッフおすすめ

アルバイトのR.Mさん
ドラマ化もした“天才的”理系ミステリー小説です
スーパー理系頭脳を持つ女子大生とその准教授の師弟コンビが「天才」の仕組んだ事件に挑むサイエンスミステリーです。理系知識を交えた秀逸なトリックとタイトルにもなっている「すべてがFになる」の意味がわかった瞬間「なるほど!」と感動すること間違いなしです!

すべてがFになる The perfect insider

すべてがFになる The perfect insider

■出版年月/1998年12月
■ジャンル/小説、文庫、ミステリー
■著者/森博嗣
■出版社/講談社
■税込価格/792円
■サイズ/522P 15cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 西大寺店 スタッフおすすめ

アルバイトのH.Yさん
こんなステキなお店に行ってみたくなる一冊!
ビストロを舞台にした日常系謎解きミステリーのお話。短編集なのでとても読みやすいです。それぞれの話に出てくる料理が美味しそうでページをめくるたびにワクワクしておなかが空いてきます。
ミステリー小説ですが、殺人も犯人もいない魅力的な登場人物ばかりです。本当にこんなお店がどこかにあってほしいと思ってしまいます。読むたびに心がホッコリしますよ。

タルト・タタンの夢

タルト・タタンの夢

■出版年月/2014年4月
■ジャンル/文庫、ミステリー
■著者/近藤史恵
■出版社/東京創元社
■税込価格/756円
■サイズ/253P 15cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 西大寺店 スタッフおすすめ

アルバイトのY.Tさん
最後2行で驚愕します!
甘ずっぱい青春小説かと思いきや、最後の2行で恋愛ミステリーへと世界がひっくり返りました。思わず2度読み返したくなります。

イニシエーション・ラブ

イニシエーション・ラブ

■出版年月/2007年4月
■ジャンル/日本文学、小説、ミステリー、文庫
■著者/乾くるみ
■出版社/文藝春秋
■税込価格/626円
■サイズ/271P 16cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 新大宮店 スタッフおすすめ

社員のT.Oさん
サクリファイス(犠牲)の意味するものとは!?
自転車ロードレースを題材としたこの作品。内容はスポーツミステリー小説といった所でしょうか。1ページ目にいきなり事件の描写があり、物語は始まります。やがて明らかになる事件の真相とは!?
団体競技であり、個人競技であるとも言えるこのスポーツの特殊性や、他の競技には見られないエースとアシストの関係なども上手く話の中で説明されているので、ロードレースを知らない方も最後まで一気読み間違いなしです。

サクリファイス

サクリファイス

■出版年月/2010年2月
■ジャンル/小説、ミステリー、スポーツ
■著者/近藤史恵
■出版社/新潮社
■税込価格/515円
■サイズ/290P 16cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 奈良店 スタッフおすすめ

アルバイトのR.Tさん
「三代奇書」が一つにして、「アンチ・ミステリ」の傑作
「ドグラ・マグラ」、「黒死館殺人事件」と並び立つ本書。氷沼家で起こる事件を巡り、様々な推理合戦が繰り広げられます。披露される数々の知識に基づいた推理の果てに見える真相とは・・・。読む側を引きこむ緻密な仕掛け、美しい文書でつづられるこのアンチ・ミステリ、一度読んでいただければ、と思います。

虚無への供物 上・下

虚無への供物 上・下

■出版年月/(上・下)2004年4月
■ジャンル/文庫、推理小説
■著者/中井英夫
■出版社/講談社
■税込価格/各730円
■サイズ/(上)420P 15cm、(下)475P 15cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 奈良店 スタッフおすすめ

パートのH.Mさん
「実におもしろい」 by 湯川教授
ガリレオシリーズ第二段映画化作品です。子ども嫌いのはずのガリレオと少年との交流やガリレオが気付いてしまった“献身”など、短編のドラマとは違った長編ならではの面白さがあります。
原作を読んだら、絶対に映画が観たくなると思います。

真夏の方程式

真夏の方程式

■出版年月/2013年5月
■ジャンル/ミステリー、文庫
■著者/東野圭吾
■出版社/文藝春秋
■税込価格/720円
■サイズ/463P 16cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 奈良三条店 スタッフおすすめ

アルバイトのR.Sさん
犯人が予測できない!!
古神家の令嬢、八千子へ一通の手紙と写真が送られる。「我近く汝のもとに赴きて結婚せん-」それが首無し連続殺人事件の発端だった・・・。どす黒い想いがからみ合い、世にも凄惨な殺人事件の幕が切って落とされた!!横溝正史が書く推理小説の限界に挑んだ力作です。

夜歩く

夜歩く

■出版年月/1978年
■ジャンル/ミステリー、文庫
■著者/横溝正史
■出版社/角川書店
■税込価格/540円
■サイズ/319P 15cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 奈良店 スタッフおすすめ

パートのK.Mさん
凛田莉子、彼女に鑑定不可能な物はない。
美少女が表紙の、印象的な万能鑑定士Qシリーズの短編集。
ミステリでありながら蘊蓄本でもある本書。スーパーファミコンの初期と後期の違いといったマニアック情報も含め、主人公・莉子の広く深い知識に、登場人物も読者も引き込まれていきます。
短編で興味を持たれた方は12冊出ている長編で、じっくりお楽しみ下さい。読者ランキングではXI巻が1位だそうです。

万能鑑定士Qの短編集 1

万能鑑定士Qの短編集 1

■出版年月/2012年10月
■ジャンル/文庫、ミステリー
■著者/松岡圭祐
■出版社/角川書店
■税込価格/580円
■サイズ/303P 15cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 奈良三条店 スタッフおすすめ

アルバイトのM.Sさん
死ぬな、殺すな、とらわれるな
大日本帝国陸軍内に極秘裏に設立された、スパイ養成学校”D機関”。
常人離れした12人の精鋭と彼らを率いる「魔王」結城中佐がおくるスパイ・ミステリー。
あなたは監視されている・・・?

ジョーカー・ゲーム

ジョーカー・ゲーム

■出版年月/2011年6月
■ジャンル/文庫、日本文学
■著者/柳広司
■出版社/角川書店
■税込価格/580円
■サイズ/280P 15cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 新大宮店 スタッフおすすめ

店長のK.Sさん
直木賞受賞作家のデビュー作
登場人物の心理描写が細かくされ、話にのめりこんでいきます。
ホラーやファンタジー的要素もあるミステリーで不思議な感覚の作品です。
上・下巻と少し長いですが、先が気になりすぐ読み終えてしまいました。

冷たい校舎の時は止まる 上

冷たい校舎の時は止まる 上

■出版年月/2007年8月
■ジャンル/日本文学、文庫
■著者/辻村深月
■出版社/講談社
■税込価格/860円
■サイズ/591P 15cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 奈良店 スタッフおすすめ

アルバイトのRさん
謎が解けると、読み終わった!と思えるシリーズです。
探偵志望の小学生・狩野俊介が、探偵である野上英太郎の助手として、月光亭で起こった事件に関わり、子どもならではの着眼点や鋭い視点で奇想天外なトリックや事件をずばっと解決していく、一風変わったミステリーです。とても読みやすく、暇つぶしに、と気軽に手にとって読んでいただきたいです。

月光亭事件

月光亭事件

■出版年月/2009年6月
■ジャンル/日本文学、文庫
■著者/太田忠司
■出版社/東京創元社
■税込価格/756円
■サイズ/324P 15cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 奈良店 スタッフおすすめ

アルバイトのR.Tさん
新本格の巨匠の新たな代表作!
「館シリーズ」で有名な綾辻行人さんのホラー・ミステリー。オカルティックな空気ながら、綾辻さんらしく読者をだましてきます。文章のところどころにちりばめられた伏線からあなたは「呪われた3年3組」の真実を解き明かせるでしょうか?今年1月にアニメ化、今夏には実写映画が公開されますが、まずは原作を読んでいただきたい!

Another 上

Another 上

■出版年月/2011年11月
■ジャンル/日本文学、文庫、ホラー・ミステリー
■著者/綾辻行人
■出版社/角川書店
■税込価格/700円
■サイズ/402P 15cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 西大寺店 スタッフおすすめ

アルバイトのYさん
僕と彼女のちょっぴり不思議な物語
一味ちがう恋愛小説が読みたい人、ミステリーのように謎解きしながら読みすすめたい人にオススメの一冊です。

陽だまりの彼女

陽だまりの彼女

■出版年月/2011年6月
■ジャンル/文庫、日本文学
■著者/越谷オサム
■出版社/新潮社
■税込価格/540円
■サイズ/342P 16cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 西大寺店 スタッフおすすめ

アルバイトのUさん
夢を視て…
夢を映像化して解析する”夢判断”を職業とする主人公。
各地の小学校で頻発する集団白昼夢、その小学生たちの夢を視て驚愕する。
この悪夢を変えることができるのか、とてもハラハラします。
奈良の吉野が舞台になっています。奈良県民としては読んでおきたい1冊です。

夢違

夢違

■出版年月/2011年11月
■ジャンル/日本文学
■著者/恩田陸
■出版社/角川書店
■税込価格/1,890円
■サイズ/492P 20cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 新大宮店 スタッフおすすめ

社員のIさん
署長、真面目すぎです!
隠蔽捜査シリーズの5作目。これより前に1、2、3、3.5と4作出ていますが、本作からでも十分楽しめます。
ある事情から警察庁長官官房というキャリアから、所轄の大森署署長へと左遷された竜崎。署長として日々の仕事に追われている彼のもとに、次々と事件が舞い込む。それらの事件は竜崎を支点に意外な繋がりを現して……。
とにかく竜崎署長のキャラクターが面白い!!

転迷 隠蔽捜査 4

転迷 隠蔽捜査 4

■出版年月/2011年9月
■ジャンル/日本文学、ミステリー
■著者/今野敏
■出版社/新潮社
■税込価格/1,680円
■サイズ/337P 20cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 西大寺店 スタッフおすすめ

アルバイトのUYさん
本格推理小説を読みたい方にオススメ!
犯人は黙秘を貫き、警察も押収した手配を元に被害者を特定しようとするが、悪戦苦闘。手がかりがつかめないまま、時間がすぎ、事件が迷宮入り寸前のところで現れるのが、主人公の吉祥院慶彦!彼の推理のおもしろさに、読む手が止まらなくなってしまいます!

被害者は誰?

被害者は誰?

■出版年月/2006年5月
■ジャンル/ミステリー
■著者/貫井徳郎
■出版社/講談社
■税込価格/650円
■サイズ/384P 15cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 奈良店 スタッフおすすめ

パートのOさん
遺跡発掘が気になるミステリー
奈良の遺跡が舞台のライトミステリーです。主人公が関わる事件を、考古探偵と呼ばれる男が口悪く事件を解決していきます。
「そんな事もわからないのか?」「解説が必要か?」「もっと君も考えろ」と主人公に問う考古探偵が読み手にも「ちゃんと推理しろ」と言っているように思えます。遺跡発掘の現場がひきおこすミステリー小説、第二巻の「鬼神曲」も発売中です。

葬神記 考古探偵一法師全の慧眼

葬神記 考古探偵一法師全の慧眼

■出版年月/2011年3月
■ジャンル/ミステリー
■著者/化野燐
■出版社/角川書店
■税込価格/620円
■サイズ/306P 15cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 郡山店 スタッフおすすめ

パートのHさん
ユーモアたっぷりの本格ミステリーです!!
少しぬけてるお嬢様刑事と毒舌執事が事件を名推理!
6つの短編になっていて読みやすく、特にこの2人の掛け合いが笑えます。

謎解きはディナーのあとで

謎解きはディナーのあとで

■出版年月/2010年9月
■ジャンル/ミステリー
■著者/東川篤哉
■出版社/小学館
■税込価格/1,575円
■サイズ/255P 19cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 奈良ビブレ店 スタッフおすすめ

社員のNMさん
記されていることだけが物語じゃない、そう感じさせる1冊です。
古書店アルバイトの主人公はある女性の依頼を請け、彼女の父が生前に書き残した5つの小説を探し始める。残された「結末」のない短編小説は、過去の事件の真相と依頼人の心、そして主人公の心をも照らし出していく・・・。読み終わったとき、あれ、なんだかこの本自体が・・・と思いました。主人公や依頼人の「結末」は、読んだ人の想像力のみが知っています。

追想五断章

追想五断章

■出版年月/2009年8月
■ジャンル/日本文学
■著者/米澤穂信
■出版社/集英社
■税込価格/1,365円
■サイズ/236P 20cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 西大寺店 スタッフおすすめ

アルバイトのYさん
読みやすくてすぐに読み終わってしまいます。
切り裂きジャックの時代と現在を行ききするSFのような小説。
おもしろいです.!

霧の夜の戦慄

霧の夜の戦慄

■出版年月/2003年8月
■ジャンル/ミステリー
■著者/赤川次郎
■出版社/ 角川書店
■税込価格/1,680円 (文庫本は740円)
■サイズ/331P 19cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 郡山店 スタッフおすすめ

店長の森川永夫さん
もうすぐ梅雨の季節 うちどくの一冊に!
伊坂幸太郎氏の短編集「バイバイブラックバード」が6月下旬に発売になると聞いて、思い出したのがこの作品である。この小説は映画を見て原作を読みたくなった作品で、映像を見てから読みかえしてもすごく楽しめたので、みなさんも是非DVDとセットで試してみてください。
内容はネタバレしない程度に・・・百発百中の銀行強盗だったはずの彼らが、同業者に「売上」を横取りされるというハイテンポで都会的なサスペンスコメディー・・・
あとは観て、読んでからのオタノシミ!

陽気なギャングが地球を回す

陽気なギャングが地球を回す

■出版年月/2006年2月
■ジャンル/サスペンスコメディー
■著者/伊坂幸太郎
■出版社/祥伝社
■税込価格/660円
■サイズ/頁数・縦 394P 16cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 新大宮店 スタッフおすすめ

パートのOZさん
そして誰もいなくなった
孤島殺人―――『そして誰もいなくなった』以降に何千冊が作家によって紡がれただろうか。本作はその正統後継となった作品である。初版から四半世紀近くすぎた現代においても、ただ頂点にあり続ける。
孤島を訪れたミス研の大学生が、十角館と呼ばれる奇妙な館にて一人ずつ殺されていく、『そして誰もいなくなった』のように。ただ今作がいまも名作であり続けるのは、ただ一文が作品の根幹を、そして全てを集約しているからである。
『犯人が誰か一文にてわかる』そしてそのときのカタルシスを是非味わって欲しい。

十角館の殺人

十角館の殺人

■出版年月/2007年10月
■ジャンル/日本文学・ミステリー
■著者/綾辻行人
■出版社/講談社
■税込価格/730円
■サイズ/頁数・縦 495P 15cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 奈良ビブレ店 スタッフおすすめ

アルバイトの多田宏一郎さん
立ちはだかる人情という名の謎が魅力的でした。
日本橋署にやってきた“新参者”加賀恭一郎。今回の事件はあるマンションで起きた殺人事件。事件を追い、見知らぬ土地を歩き回る加賀の前にたちはだかるのはその土地で暮らす家庭や店が抱える謎。彼は独自にその問題を解いてゆき、次第に事件そのものの真相をつかむ。
月並みな推理モノではなく、事件と直接関係のない謎を解くあたり、東野圭吾作品のスケールの大きさに魅力を感じました。

新参者

新参者

■出版年月/2009年9月
■ジャンル/日本文学・ミステリー
■著者/東野圭吾
■出版社/講談社
■税込価格/1,680円
■サイズ/頁数・縦 348P 20cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 奈良ビブレ店 スタッフおすすめ

パートの鈴木優子さん
物語の転回が良く、長編を感じさせない作品でした。
スーパーにパート勤務する平凡な生活を送っていた主婦を追いつめたものは何か?事件を捜査するうち、その主婦に亡き妻の面影を見い出すひとりの刑事。その刑事の日常にも本人も気づいていないかもしれない意外な真実があった・・・。
ふとしたあやまちをきっかけに転落してゆく人生は、読んでいてとても恐いものがありました。

邪魔 

邪魔

■出版年月/2004年3月
■ジャンル/日本文学・ミステリー
■著者/奥田英朗
■出版社/講談社
■税込価格/上巻660円 ・下巻660円
■サイズ/頁数・縦 414P 15cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 西大寺店 スタッフおすすめ

パートのTKさん
人にすすめたくなるミステリー!
読みやすさ、テンポのよい場面切り替えで、最後にはピタッとはまる。
これぞ究極ミステリー!

葉桜の季節に君を想うということ

葉桜の季節に君を想うということ

■出版年月/2007年5月
■ジャンル/日本文学
■著者/歌野晶午
■出版社/文芸春秋
■税込価格/700円
■サイズ/頁数・縦 477P 16cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 奈良ビブレ店 スタッフおすすめ

社員のNMさん
不思議な事件だらけの街、蝦蟇倉へようこそ・・・
気鋭の作家11人が架空の街を舞台に描くミステリーアンソロジーの1巻目です。2巻目のある作家さん目当てで購入したのですが、読んでみると他の作家さんもおもしろい!それぞれの作家さんの持ち味をこの1冊で楽しめます。1話1話は短いし書き口も難しくないので、ミステリー初心者の方も是非読んでみてください。

蝦蟇倉市事件 1

蝦蟇倉市事件 1

■出版年月/2010年1月
■ジャンル/日本文学・ミステリー
■著者/伊坂幸太郎/ 大山誠一郎/ 伯方雪日/ 福田栄一/ 道尾秀介/
■出版社/東京創元社
■税込価格/1,785円
■サイズ/頁数・縦 317P 20cm

ページTOPに戻る

啓林堂書店 奈良ビブレ店 スタッフおすすめ

ビブレ店
店長
失踪した義兄を探して旅立つというロードミステリー。途中二転三転するストーリーが面白いのはもちろん、舞台が奈良明日香や奈良公園なので、この文庫を持って歩くのもいいかもネ…。恩田ファンのみならず旅好きのあなたにもオススメ!!新しい発見があるかも…!!

ビブレ店/ビブレ店店長/まひるの月を追いかけて

まひるの月を
追いかけて

■著者/恩田睦
■出版社/文春文庫
■税込価格/620円

ページTOPに戻る

オススメ本 Category

ページTOPに戻る